幼少期の躾は重要

子どもの躾に関しては、3歳までは母親が子育てに専念すべきだという考え方から、3才児神話というものがあります。また日本のことわざでは、三つ子の魂百までというものがあります。3歳の子どもと言えば、どんなイメージでしょうか。自分で自分のことができるわけではありませんし、言葉もしっかりしているというわけではありません、まだまだ大人がつきっきりになって世話をする時期です。こんな時期に躾をするのか?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

3歳児神話には子どもは3歳ごろまでの間は母親の手元で育てられないと成長に悪影響を及ぼしてしまうという考えがあります。ですが、この3歳児神話には合理的な根拠がないとされ、共働きで保育園に子どもを預けているという親御さんも安心することができるのではないでしょうか。子どもの躾に関して言えば、大切なのは4歳~6歳ごろの幼少期と呼ばれる時期です。躾を行うことは将来子どもが社会で生きていくために必要なことを教える親の役目でもありますが、3歳までの乳幼児期は躾のアプローチも違うので、重要なのは幼少期の方がだと考えることができます。

躾と言えば、食事のマナーなどの生活に密着している部分から、礼儀などの人との関わり方、また具体的なもので言えば、公共の場で騒がないなどでしょうか。もちろん躾に関しては国や文化が違えば躾の内容も変わってくるので、最低限これだけをしておけばいいというものはないのですが、当サイトでは幼少期に躾をすることが重要な理由や幼少期の躾のアプローチについて紹介します。

このページの上へ戻る